まず、仕組みについて詳しく掘り下げていく前に「ビジネスとは、どうやって回っていくものなのか」を知ることにしましょう。

それが分かれば、どうすれば上手く回っていくか、どうしたら回らなくなってしまうかを理解することができます。

まず、シンプルな要素としては高品質な商品、つまり「良いものを売る」ということですが、これもあくまで要素のうちの一つであって、これだけでは足りません。

およそ、すべてのビジネスには3つの段階があります。

まず、第1段階は人が集まって商品、もしくはサービスがそこに存在していることを伝えていく段階、つまり広告などに代表されるの「集客の段階」を指します。

次に、第2段階では、集客の段階で集まった人に対して、商品やサービスの利点・ウリ・得られる利益を可能な限り伝える段階である「共有の段階」に入ります。
共有と言ってもシェアするという意味ではなく、情報を与えてまだ見えていない需要を発掘するという意味あいで考えてください。

最後の第3段階は、実際に消費者の手元に商品を届ける、もしくは消費者にサービスを施す「販売の段階」です。ここまで来て初めて収益をあげることができるのです。

私が行っている不労所得の仕組みは、放置するだけの投資をしています。

FXで行う手法でスワップポイントを用いた手法になります。

決まったポジションを持ったら放置するだけの簡単な手法になります。

投資初心者でも簡単に行うことができるので、これから資産運用を始めようとしている方すべての人におすすめとなっています。