そしてこれは少しばかり消極的ですが、収入額が下がっても対応できるように生活レベルを低く保つことも立派な対策です。

毎月の生活費を低いレベルに押さえておけば、たとえ景気の変動によって収入額が減少したとしても、それが生活に与えるインパクトは低く済みます。

具体的には、こんなことですね。

・無駄遣いをしない
・目的のない外出をしない
・借金をしない
・途中で止められない固定費を持たない
・不労所得にかかる費用を固定費ではなく変動費にする(収入が減った時は、かかる変動費も減るような仕組みにする)
・不労所得にかかる費用を経費として計上する(節税につながる)

急に収入額が上がったからといってすぐさま贅沢な暮らしに切り替えてしまうと、下がった時の反動は大きくなります。

「今は調子が良くても、いずれ収入額が下がってしまう可能性もあるので、不必要に生活レベルを上げないようにしよう」と事前に考えておくことが、波に対するリスクを減らすことにつながります。

いずれ来る不景気のために備えておくことも重要です。

私が行っている投資法はコストがかからずに運用することができるので仕組みとしては収入が減少する心配はありません。

本収入が減少しても安定した副収入があると気持ち的にも安定させることができるので資産構築を始めようと思っている方は是非FXSUITの「さんすくみ」を運用してみてください。